調布市八雲台1-24-2(無料駐車場6台完備)
診療時間9:30~19:00(火・土は18:00まで) 休診日 木・日・祝

いちど吸うと止められない。。

いちど吸うと止められない。。

楽しいことを考えると、私たちの脳の中では『快楽物質ドーパミン』があふれだし、ますますハッピーな気分になります。

一方、タバコに含まれる植物由来のニコチンは、ドーパミンを強制的に分泌させます。

タバコを吸えば、ハッピーになりそうな話ですが…タバコを吸うたびに分泌され続けると、やがて脳はさぼりだし『ドーパミン』を作り出さなくなります。

実際に嬉しい出来事が起きても、楽しさとして味わいにくくなってくるのです。

 

さらに、タバコを吸うとある脳波が出ます。

ニコチンが体内に入って数秒でリラックス効果の高い『アルファ波』が増えます。

増えた『アルファ波』は数十分もすれば減っていくので、またタバコを吸いたくなります。タバコはイライラ・ストレスをごまかすことができるのです。

 

タバコを吸い続けると、ドーパミンもアルファ波も自分の力でだすことが難しくなるのです。

 

そして、お口の中への影響も少しお伝えします。

 

ニコチンによって、だ液の量や性質が変わりむし歯になりやすくなり、歯周病が悪化しやすくなります。

血管を縮める作用があるので、血液の循環が悪くなります。歯肉を守る白血球を補給する血管が口の中の炎症に届きにくくなり、歯周病が進みやすくなります。

だ液量が減ることで、口の中が乾燥して、歯垢も乾燥して、歯にこびりつき歯石になります。

さらに、ご家族が吸っていると、吸っていない人にも影響が出てきます。
まだまだ幼いお子さんの歯ぐきが、タバコの影響で黒ずんでいるのを見かけることがあります。もちろん、タバコを吸っているご本人も歯ぐきが黒ずんでいきます。

 

タバコ、やめづらいですね。

タバコ、吸い続けますか??

 

新着ブログ