調布市八雲台1-24-2(無料駐車場6台完備)
診療時間9:30~19:00(火・土は18:00まで) 休診日 木・日・祝

歯ブラシの硬さは?

歯ブラシの硬さは?

自分の普通が、人にとっての普通じゃないことは多いもの。人の普通が、自分にとっての普通じゃないことも多い。じゃあ、普通って何なのでしょう。

「ハブラシのかたさは、何をお使いですか?」

『普通です』

歯科衛生士として、いつも疑問に思う言葉です。市販のハブラシの普通のかたさが、皆おなじじゃないのです。それぞれのメーカーの統一されてない表示なのです。

歯間ブラシの太さもそうです。”SS”と表示されていたとしても、すべてのメーカー共通ではないのですよ。一見似た太さに見えても、毛のかたさの違いで使いやすさも変わってきます。きれいにできるかどうかも、変わってきます。

あらためて、市販品の選択肢の多さにびっくりします。歯科衛生士になって間もなくの頃は、市販のブラッシング道具をすべて使おうと思って買い試していました。今じゃ、全部試すなんて到底無理です。あまりの種類の多さに、ため息が出るほどです。

結論として、応用のきくシンプルなものが使いやすいです。効果的にきれいになります。ギザギザだったり、ゴムが毛の中に入りこんでいたり、変わった形のものは
難しすぎます。

惑わすコピーにだまされないでくださいね。

『歯医者さんおすすめと書かれていたから』

『歯医者さんが考えたはぶらしと書かれていました。そうなんでしょう。』

『歯医者さん推奨だから、良い商品よね』

私たちは、言葉に魅かれるし、言葉にだまされます。ぜひ、あなたの口の中を見てすすめてくれる道具を使ってもらいたいです。

かかりつけの歯科医院でかかりつけの歯科衛生士と一緒に、あなたにすすめる
使いやすい道具をさがしていきましょう。