調布市八雲台1-24-2(無料駐車場6台完備)
診療時間9:30~19:00(火・土は18:00まで) 休診日 木・日・祝

歯はかたいの? やわらかいの?

歯はかたいの? やわらかいの?

私たちは、肉・魚・野菜などいろいろな食べ物を口からとって生きています。

なんでも食べられるように、丈夫でいろんな形の歯を口の中に持っているからできることです。

歯の表面のエナメル質という白い色をした組織は、体の中で最も硬い組織です。

この硬いエナメル質が溶けてしまうのがむし歯です。むし歯菌の働きは、かなりのものです。

 

乳歯のむし歯の好発部位は、一番見やすい『上の前歯のど真ん中』です。2歳になるころから要チェック箇所です。

そして、3歳頃にむし歯になりやすいところは、『乳臼歯の溝と間』です。

就園前後で大きく生活環境が変わる時期であり、離乳食が完了し、幅広い食への興味が増すときであると同時に、おやつとして甘い食べ物を覚える時期でもあるからです。

 

でも実は・・・歯には”むし歯になりやすい時期”があるのを、ご存知ですか?

永久歯=大人の歯のことを考えると、小学生の時期が特にむし歯になりやすいのです。

はえたばかりの歯、はえたばかりの永久歯はとてもやわらかい状態です。

 

まだ十分に硬くなっていないということです。

 

歯は、はえてから3年ほどの時間をかけて硬くなるのです。

骨の中にあるときは、血液のミネラルによって硬くなり
歯がはえてからは、だ液の中のミネラルがくっついてもっと硬くなります。

さらに、フッ化物を使うことによって効果的に硬くなるのです。

 

あらためて、歯がはえてから3年の間がむし歯予防の大切な時期ということです。

 

注意)歯によって、はえる時期は異なりますのであしからず。

 

新着ブログ