調布市八雲台1-24-2(無料駐車場6台完備)
診療時間9:30~19:00(火・土は18:00まで) 休診日 木・日・祝

むし歯予防にフッ素

むし歯予防にフッ素

むし歯予防=フッ素利用と言われていますが、フッ素について説明していきたいと思います。フッ素(F₂)は単体で存在することができない元素で、フッ化物として(例えばNaF CaF₂など)存在します。
ここでは、フッ化物のことを一般的な言い方として”フッ素”と呼ぶことにします。

フッ素は、空気中、土壌、湖や川の水、海水などすべての自然環境に存在しています。この大地の恵みであるあらゆる食品に、フッ素は存在しているのです。

『フッ素がむし歯予防に効果的な理由』

①フルオロアパタイトの生成
他の3つの働きと違い、全身応用で行うことによる効果です。水道水にフッ素を配合するなどからの効果ですが、日本では行われていないことです。

②エナメル質の結晶性の改善
特に萌出間もない未成熟で反応性が高い歯に効果があります。歯科で塗ってもらう高濃度のフッ素が効果的です。

③再石灰化の促進
歯の表面に付着しているプラークが、飲食物を摂るたびに酸性に傾き歯面を脱灰させます。その後、唾液の働きにより歯の表面は再石灰化されます。この脱灰と再石灰化は飲食物を摂る回数だけ繰り返されます。
一日のうちで、脱灰時間が多いとむし歯の発症や進行につながるのです。フッ素は、歯の耐酸性を上げる働きがあります。
それには、毎日のフッ素洗口、フッ素配合歯磨剤を毎日使うことがより有効です。

④細菌・酵素作用の抑制
フッ素が、プラーク内の細菌が発生する酵素の活動を阻害し、むし歯の原因となる酸の産生が抑制されます。

当院で取り入れている高濃度フッ素歯面塗布は、リン酸酸性フッ化ナトリウムゼリーを使用しています。ちなみに、お味はやや酸味のあるリンゴ味です。

これはフッ素濃度が高いため、歯面塗布することで萌出直後の歯の結晶性の改善に効果的です。つまり、エナメル質表面から直接フッ化物を作用させることにより、歯質を強化し、むし歯になりにくくすることを目的としています。

萌出直後の歯に塗布することが効果的なのは、萌出したての歯は未成熟で、反応性が高く、そのために歯の表層からのフッ素の取り込み量が大きいからです。

では、いつから塗り始めるのがいいのでしょうか?

それは、生後数か月の乳前歯がはえてからです。12歳臼歯が萌出しきって2~3年の間は、確実に定期的に塗ることにより虫歯になりにくい歯になっていくと考えられます。

口腔内を清掃してからの塗布がさらに効果的ですから、定期的に継続していくことを考えると、カムカムクラブで約束された3か月ごとに塗ることが安心です。

フッ素は主に子供のむし歯予防のためのものと理解されているようですが、大人にもおすすめしています。
・酸に対して強い歯を作ること
・再石灰化を促進させること
・細菌が酸をつくりにくくすること
によるむし歯予防は大人も共通です。さらに、大人特有のルートカリエス(歯の根の表面のむし歯)予防に効果的だからです。

フッ化物洗口のむし歯予防効果は、厚生省も認めるところです。当院でも活用しているフッ化物洗口は、フッ化物イオンを歯の表面に作用させることをねらいにしています。

歯の表面は、毎日酸の影響により脱灰が起こり、その後修復としての再石灰化が行われることを繰り返しています。

フッ化物洗口を毎日習慣的に行うことで、再石灰化の促進につながり”むし歯予防”になるという訳です。

まだうがいができないお子さんには、スプレー塗布などで対応してもらい、習慣化の足掛かりにしてもらいます。ブクブクうがいができるようになると、口の中全ての歯にまんべんなくゆきわたるように、30秒間音をたてる意識でうがいをしてもらいます。
1日1回のうがいの習慣をつけてもらうために、いつも同じ時間帯 いつも同じタイミングで行うことが大切だと思います。

フッ化物洗口をした後、少なくとも30分はうがいをせず、飲食物を摂らないようにしたほうがいいことを考えると就寝前がおすすめです。
習慣づくりの点からいうと、時間に余裕があるときというのも選択肢のひとつですから登園前、登校前というのも良いかもしれません。ご家庭により、さまざまでいいのです。

当院で使用しているフッ化物溶液は、保存料無添加です。必ず冷蔵保存と粉末を溶かしてから1か月という使用期限を守っていいただいています。長期保存できませんが、長く使い続けることができる価格です。

ぜひフッ素の予防効果を知って、赤ちゃんの時からの使用をおすすめします。