調布市八雲台1-24-2(無料駐車場6台完備)
診療時間9:30~19:00(火・土は18:00まで) 休診日 木・日・祝

むし歯予防にフッ素 その1

むし歯予防にフッ素 その1

むし歯予防=フッ素利用と言われていますが、フッ素について説明していきたいと思います。フッ素(F₂)は単体で存在することができない元素で、フッ化物として(例えばNaF CaF₂など)存在します。
ここでは、フッ化物のことを一般的な言い方として”フッ素”と呼ぶことにします。

フッ素は、空気中、土壌、湖や川の水、海水などすべての自然環境に存在しています。この大地の恵みであるあらゆる食品に、フッ素は存在しているのです。

『フッ素がむし歯予防に効果的な理由』

①フルオロアパタイトの生成
他の3つの働きと違い、全身応用で行うことによる効果です。水道水にフッ素を配合するなどからの効果ですが、日本では行われていないことです。

②エナメル質の結晶性の改善
特に萌出間もない未成熟で反応性が高い歯に効果があります。歯科で塗ってもらう高濃度のフッ素が効果的です。

③再石灰化の促進
歯の表面に付着しているプラークが、飲食物を摂るたびに酸性に傾き歯面を脱灰させます。その後、唾液の働きにより歯の表面は再石灰化されます。この脱灰と再石灰化は飲食物を摂る回数だけ繰り返されます。
一日のうちで、脱灰時間が多いとむし歯の発症や進行につながるのです。フッ素は、歯の耐酸性を上げる働きがあります。
それには、毎日のフッ素洗口、フッ素配合歯磨剤を毎日使うことがより有効です。

④細菌・酵素作用の抑制
フッ素が、プラーク内の細菌が発生する酵素の活動を阻害し、むし歯の原因となる酸の産生が抑制されます。

フッ素について、もう少し続けてお伝えしたいと思います。
次回以降につづく……..

 

新着ブログ