調布市八雲台1-24-2(無料駐車場6台完備)
診療時間9:30~19:00(火・土は18:00まで) 休診日 木・日・祝

歯間の隙間の清掃は「歯間ブラシ」で

歯間の隙間の清掃は「歯間ブラシ」で

歯周病や加齢により歯肉が下がると、歯間スペースは広がっていきます。もともと歯肉に隠れていた”象牙質”という軟らかい組織が、むき出しになることもあります。

この隙間のある歯間や、象牙質が露出してしまっているところは歯間ブラシによる清掃がおすすめです。

大切なことは、歯肉や歯にダメージを与えないように適切なブラッシングをすることです。

そのために、サイズ選びが大切です。歯間の隙間の広さは様々なので、太さを一種類に決めるのは難しいですが、真横から差し込んだ時に軽く抵抗があるものが良いでしょう。

最適なサイズのブラシを、歯肉にあたらないように挿入してからこすります。歯の根元に沿わせたまま、優しくブラッシングします。表から入るところは、必ず裏からも入ります。

表から裏から、右側に当て左側に当てブラッシングすると、かなり広範囲にきれいにすることができます。

夜のブラッシング時に取り入れてもらえたら、目覚めた時の口の中のスッキリ感が今までと全く違います。

歯間ブラシは、歯ブラシのように洗って乾かして何度か使う道具です。

狭い隙間に入れこむブラシは、だんだん毛がつぶれてきたり、バラバラになったりと傷んできます。

清掃道具として要であるブラシの毛が傷んきたら、早めに交換するようにしましょう。歯ブラシも歯間ブラシも毛が大切ですから。

当院で扱っている歯間ブラシのサイズは、SSS~LLまで6種類。持ち手の色でサイズがわかるようになっています。

奥歯にも使いやすい曲がりタイプの歯間ブラシです。

新着ブログ